紅茶についてのマメ知識を掲載させていただいております。
紅茶について知る事で、茶葉を購入する時やお店で紅茶を飲む時に自分の好みの紅茶を選べるようになりますよ。
また、ティータイムがよりいっそうに楽しくなりますよ。

紅茶の種類

インド産の紅茶

19世紀、イギリス人により紅茶栽培を各地で行って以来、茶葉の生産国としては世界一を誇っています。
インド茶は、広大なインドに散在している産地でつくられているので、それぞれ独特の香りがありタイプがいろいろあるのが特徴です。

ダージリン

非常に繊細で香り高い紅茶で、ストレート向きです。

アッサム

濃い味わいで甘みがあり、ミルクティー向きです。

ニルギリ

インド南部の紅茶で、アイスティー向きです。

スリランカ産の紅茶

スリランカはインドに次ぐ世界第2位の紅茶生産国で、輸出量はインドと1位を争っています。
旧国名のセイロンティーの名で親しまれています。茶園、製茶工場の標高により、高地産茶(ハイグロウンティー)、中地産茶(ミディアムグロウンティー)、低地産茶(ローグロウンティー)の3つに区分されています。標高が高いほど、色が薄く、香りが高く、高級茶にランクされています。

ウバ

独特のメントールの香り、ミルクティーにも使えます。

ディンブラ

すっきりした味わいで、アイスティー向きです。

ヌワラエリヤ

ダージリンのように繊細な味わいです。

キャンディ

渋みは少なく強いコクと芳醇な香りです。

ルフナ

かすかなスモーキーフレーバーとコクがあり、ミルクティー向きです。

中国産の紅茶

お茶の発祥地・中国の紅茶は、生産量はインドネシアと同じくらいで、主に輸出用として作られています。
中国紅茶の製法は、時間と手間のかかる伝統的手作業の工夫紅茶と、先進技術の機械を使って効率良く作る分級紅茶があります。ヨーロッパの上流家庭では、キームンをはじめとする中国紅茶に人気があります。

キームン

奥深い香りとまろやかさが特徴で、かなり上品でマイルドな味わいです。

ラプサンスーチョン

松で燻製された、独特の味わいです。

インドネシア産の紅茶

ジャワ島やスマトラ島で、18世紀頃からオランダ人によって開拓された茶園で栽培されています。
茶園は第2次世界大戦後に国有化され、約7割が輸出用にされています。
日本でもジャワティーが知られています。

ジャワ

若く爽やかな香りが強く、ややコクが不足するので主にブレンド用に使われます。

スマトラ

ジャワより水色が濃く、スリランカのロー・グロウン・ティーに似た特徴です。

アフリカ産の紅茶

東アフリカ諸国の紅茶生産地はケニアをはじめウガンダ、モザンビーク、マラウイ、タンザニアなどです。
イギリスなどへの輸出用がほとんどで、品質が安定していて安価です。

ケニア

すっきりとした渋みと若々しいマイルドな香りと味わいです。
ミルクティーやレモンティー向きです。

紅茶の雑学

紅茶の葉は紅茶の木から?

いいえ。紅茶の木があるわけではありません。
紅茶も緑茶もウーロン茶も全てお茶の木の葉から作ります。

紅茶のはじまり

お茶自体は中国雲南省を原産地とするツバキ科の植物(学名:カメリア・シネンシス)で、紀元前にすでにのまれていたようです。紅茶は宋の時代(10~13世紀)に作られるようになりました。
中国からヨーロッパに運ばれる途中、偶然船のなかで発酵したという説があります。
オレンジペコはオレンジ味の紅茶?(*^_^*)いいえ。オレンジペコは茶葉の大きさの1つです。

アメリカ独立戦争は紅茶がきっかけ?

1773年当時、イギリスの植民地だった北アメリカ、ニューイングランドのボストン港で起こった事件。
イギリスからの茶税、糖蜜税など、輸入品に課せられるあまりの重税に不満を抱いたアメリカ市民が、ボストン港に停泊中だったイギリス東インド会社の船を襲撃し、積荷の紅茶を海に投げ捨てました。
この騒ぎは、ボストンティーパーティーとよばれ、どんどん広がっていき、アメリカ独立戦争へとつながる結果に。紅茶がひきがねとなり、歴史をも揺るがしてしまった事件です。

英国のティータイムいろいろ

アーリーモーニングタイム
朝一番に寝室で飲む紅茶です。
モーニングティー
朝食とともに飲む紅茶です。
イレブンジスティー
11時ごろに飲む紅茶です。
アフタヌーンティー
3時ごろにサンドイッチ等の軽食、スコーンやケーキなどの菓子ととともに愉しむ紅茶です。
上流階級の人々の娯楽、社交の場としての意味合いが大きい。
ハイティー
夕方6時くらいから夜にかけての夕食を兼ねたティータイム。
軽食のほか、肉、魚料理なども出され、アルコールを伴うこともあり、現在では、コンサートやオペラなどに出かける前に、軽食を兼ねたてのお茶の時間をさすことが多い。
もともとは、スコットランドや北西イングランドの農民、労働階級者の生活習慣だったとされる。
アフターディナーティー
夕食の後や、眠る前に飲む紅茶です。
ナイトティー
一日の終わりにゆっくり飲む紅茶です。

紅茶の日

11月1日が紅茶の日。日本紅茶協会が定めた日です。

日本で初めて紅茶を飲んだのは誰?

江戸時代1783年8月、伊勢の船頭、現在の三重県に住んでいた大黒屋光太夫が海難に遭いロシアのアリューシャンに漂着し、日本への帰国が許されるまで10年のあいだロシアに滞在しました。
その滞在中に女帝エカテリーナ二世への接見を許され、茶会に招かれ紅茶を飲んだということです。
その日が1791年11月1日といわれています。それにちなんで紅茶の日が定められたということです。